スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My Link Order / My Category Order の使い方

最低限の機能以外はプラグインにお任せという Web 2.0 精神が徹底されているツール Wordpress。

もともと、Wordpress には、リンクの並び順を変えたり、カテゴリーの順序を変えたり、という単純な機能さえ付いていなくて、リンクもカテゴリーもアルファベット順にしか並んでくれません。

そこでお薦めなのが、My Link OrderMy Category Order

その名の通り、リンクとカテゴリーを自由に並べ替えることを可能にするプラグインです。

使い方は、以下の通りです。


1.プラグインをダウンロード、インストール。


2.「投稿」の設定で「My Categpry Order」をクリックし、好きな順序に並べ替えます。同様に、「リンク」の設定で、「My Link Order」をクリックして、好きな順序に並べ替えます。



★ ここからがポイント ★


3.「外観」→「ウィジェット」の設定画面で、以下の図の通り、My Link Order / My Category Order ウィジェットを「追加」します。



order.png


4.下の図のとおり追加されたら、「編集」をクリックして、必要な設定をします。


category.png




以上です。

















テーマ : Wordpressプラグイン
ジャンル : コンピュータ

Atahualpa の SEO 設定ではなく、All in One SEO を使う理由

 
ご存知の通り、Atahualpa にはもともと SEO のための機能が付いています。

Atahualpa SEO


が、上の画像の通り、僕はこの設定はオフにして、All in One SEO を使っています。

理由は、Atahualpa SEO を使うと投稿記事のページだけでなく、トップページのタイトルまで「ページのタイトル | ブログのタイトル」という順序になってしまうからです。

たとえば、トップページを「サイトの紹介」にしている「ハワイ結婚式のブログ」の正式名は、「ハワイ挙式旅行体験記 - 結婚式と新婚旅行のブログ」なのですが、、、、

一度だけ、試しに Atahualpa 付属のSEO を使ってみたところ、Google などの検索結果で表示されるタイトルが、「サイトの紹介 | ハワイ挙式旅行体験記 - 結婚式と新婚旅行のブログ」という、とても奇妙なサイト名になってしまいました。(涙)

All in One SEO を使えば、「ハワイ挙式旅行体験記 - 結婚式と新婚旅行のブログ」というブログのタイトルだけが正しく検索結果に表示されます。

他にも、All in One SEO には、「ページ上で読者が見るタイトルとは異なるタイトルを検索エンジンに表示する」という画期的な機能があります。

この機能、あまり濫用しすぎると後で何かと後悔することになるかもしれませんが(経験済みw)、使い方によっては、非常に便利に活用できると思います。

また、写真ブログなど、文章がほとんどないようなページでは、All in One SEO の description 自動生成機能をオフにしておかないと、「短すぎるメタデータ」ということで、問題のあるページとGoogleに見なされてしまうようです。





テーマ : Atahualpa
ジャンル : コンピュータ

Wordpress プラグイン: WP-Cumulus (日本語化)

 
WP-Cumulus を使って、タグ・クラウドを球形にしてみました。

wp-cumulus.png

日本語化した方法は、以下の通りです。

1.WP-Cumulus 本体をインストール

2.ハマヂさんのページのコメント欄2つ目から日本語化された swf ファイルをダウンロード

3.WP-Cumulus フォルダの tagcloud.swf ファイルを上書き

以上です。
 

一応、ブログの共同制作者という名目になっていながら、ふだんはページのサイドバーになどほとんど関心を示さないが、「あれ、何これ。おもしろ~い♪」と言いながら、しばらくのあいだ遊んでくれました。(^^;
 

 

テーマ : Wordpressプラグイン
ジャンル : コンピュータ

書きこんだ人にコメント返信を知らせるWordpressプラグイン: Subscribe To Comments

これは、なかなか面白いプラグインだと思いました。

Subscribe to Comments

ブログ投稿にコメントを書いてくれた人に、返信したよ(あるいは、誰かからレスがあったよ)、と自動的にお知らせしてくれるWordpress用プラグインです。

早速、自分でテスト書き込みをして、自分でレスを入れて実験してみました。

書きこんだ人には、こんなメールが送られてきます。


件名: 

[ハワイ挙式旅行体験記] New Comment On: 色とりどりの魚たちと泳ぐ

メール本文:

There is a new comment on the post "色とりどりの魚たちと泳ぐ".
http://wedding-honeymoon-hawaii.com/snorkel-tour/

Author: test
Comment:
test3

See all comments on this post here:
http://wedding-honeymoon-hawaii.com/snorkel-tour/#comments

To manage your subscriptions or to block all notifications from this site, click the link below:
http://wedding-honeymoon-hawaii.com/?wp-subscription-manager=1&email=mick%40wedding-honeymoon-hawaii.com&key=a54a08ebf218d8505d707acabc266704



時間がある時にでも、メールメッセージの方も日本語化してみようと思います。



追記:
日本語版が、JSeriesのページから入手できることがわかりました。




テーマ : Wordpressプラグイン
ジャンル : コンピュータ

Wordpress用おすすめサイトマップ作成プラグイン: PS Auto Sitemap

PS Auto Sitemap

Google 対策としては、Google XML Sitemapsが定番だと思いますが、公開用のサイトマップ作成プラグインの中では、これがお奨めです。

カスタマイズ性も高く、見た目もかっこいいです。

↓下の画像は、設定画面の「スタイルの変更」で「キューブ」を選んで作りました。

ハワイ結婚式ブログのサイトマップに移動します
 


 

テーマ : Wordpressプラグイン
ジャンル : コンピュータ

Atahualpaでも携帯電話の表示に対応: Ktai Style

今までは、自分のブログは携帯では全く表示できなかったんですが、Atahualpaを使っているから、しかたがないのか、とあきらめていました。

しかし、実は、良いプラグインがあったんですね。。。

Ktai Style

早速、インストールして有効化すると、自分が使っているちょっと古い型のソフトバンク携帯(705P)でも、ばっちりわかりやすく表示されました。すばらしい。

2~3日に1回は、docomo などからアクセスがあり、申し訳ないな、と思っていたところだったので、非常にありがたいプラグインです。

WP Super Cache と一緒には使えなさそうですが、PC の表示速度がコンマ数秒程度は遅くなったとしても、携帯から全く見られなくなるよりは、よいでしょう。


テーマ : Wordpressプラグイン
ジャンル : コンピュータ

関連リンク作成プラグイン: WordPress Related Posts

WordPress Related Posts



各記事に付けたタグに基づいて、ブログ投稿記事の末尾に指定した制限数まで関連記事のリンクを自動作成してくれるプラグイン。

Wordpress Related Posts のダウンロードページ


オプション設定画面は、こんな感じです。

Related Posts

関連する記事がない場合は、自動でランダムに記事を選んで表示させることもできます。


自動作成するリンクの例:

関連リンク(例)



テーマ : Wordpressプラグイン
ジャンル : コンピュータ

Wordpress 日本語版: 和訳を書き換える

ja.mo / ja.po ファイル の編集



Wordpress 日本語版の、ちょっと直訳すぎるところが気になる日本語訳を、どうしても自分の言葉に直したいな、と思ってネットで検索したら、「Poedit というソフトが必要」という情報があったので、試してみたりもしたのですが、、、、実は、もっと簡単な方法がありました。

CodeStyling Localizationプラグインがあれば、面倒なPoeditは不要で、Wordpress自体、テーマ、プラグインを自由に簡単に日本語編集できることが、ようやく今日わかりました。(^^;

方法は、以下の通りです。

1./wp-content/languages/ フォルダにある ja.mo、ja.po 2つのファイルをダウンロードして、バックアップ。

2.ja.poをコピーして、名前を「ja_JP.po」に変更。

3.名前変更した「ja_JP.po」を /wp-content/languages/ にアップロード。

4.Wordpressダッシュボード「ツール」→「Localization」

5.WordPressの「moファイル」「poファイル」の作成項目が一番上に出ているはずなので、「Rescan」をクリック。

6.スキャンには、ちょっと時間がかかります。

7.スキャンが終了したら、「Rescan」の隣の「Edit」をクリック。(Google Chromeだと何の反応も起こらないので、他のブラウザがよいです。)

8.自由に日本語を編集。

9.「ツール」→「Localization」画面で上の方にある「generate mo-file」ボタンを押す。

10.「1」で作成したバックアップファイルが、どこかとても安全な場所にあることを確認した後、現在、/wp-content/languages/ にある mo / po ファイルを削除。

11.jp_JP.po と jp_JP.mo ファイルの名前を、それぞれ jp.po / jp.mo に変更。


以上です。


万一、上記の手順を試してもうまくいかないことがありましたら、お知らせください。



テーマ : Wordpress
ジャンル : コンピュータ

ブログだけじゃない Wordpress

 
Wordpress というと単なる「ブログ作成ツール」と思っている人も多いのですが、実は、ブログ形式ではない普通のホームページ(Web サイト)を制作する際にも、とても力強い味方になってくれます。

ブログの最大の特徴である「コメント・トラックバック」機能を無効にして、コラムがたくさんあるテンプレートを選べば、コンテンツ盛りだくさんの雑誌のような外観のホームページができあがりです。

↓このページの下の方のテンプレートなど、僕の好み。
41 Great Looking Free WordPress Themes

たとえば、Wordpressを使って、こんなページを作れたりもします。

このハワイ結婚式ブログも、一見、トップページはブログには見えないと思います。 (追記: ブログらしい外見に変えてしまいました。)

WordPressは、ビジネス・商業利用も無料ですし、プロフェッショナルな外観のテンプレートも充実していますので、特に、小さなウェブサイトをたくさん作りたいときなど、便利です。


ちなみに、コメントやトラックバックを無効にする方法は、以下の通り。

1.まず、「設定」→「ディスカッション設定」の項目で、チェックマークを外します。

ディスカッション設定



2.ページやブログ記事を新規投稿する際に、下の方にある以下のチェックも外れているか確認します。

ディスカッション


また、ページが完全に完成するまで、「設定」→「プライバシー」で検索エンジンを拒否しておくことも重要です。

「プライバシー」の設定で「検索エンジンはブロックするが通常の訪問者の閲覧は許可する」を選んでおきます。

これで、完成前に他人にページを見られなくて済みます。


さらに念を押したい場合は、各投稿記事をパスワードで保護しておくという手もあります。

パスワード



ちなみに、検索エンジンへの公開を拒否すると、自動的に「設定」→「投稿」の設定画面の Ping 送信先の選択も無効になります。







テーマ : Wordpress
ジャンル : コンピュータ

パーマリンク設定

「パーマリンク設定」のお奨めは、「カスタム構造」を選んで、記事のタイトル名だけをURLに反映させるという設定。

おすすめパーマリンク設定



http://wedding-honeymoon-hawaii.com/his/

↑このように、見た目がとてもシンプルなリンクができあがります。

リンクURLが短くてシンプルであればあるほど、メールやブログなどにURLをコピーして誰かにページを紹介したいときに便利ですよね。



余談ですが、アマゾンの商品ページのリンクなども、工夫次第でもっともっと短くシンプルにできるはずなのに、と僕は思うんですが。。。



テーマ : Wordpress
ジャンル : コンピュータ

フィード

IE6でヘッダー写真の表示がおかしい件は、タイトルを写真にオーバーレイすることをやめたら、あっさり解決。

もともとタイトルロゴが「結婚式&新婚旅行 in Hawaii」となっていたので、せめてタイトルをどこかに表示しておこうと思って「ハワイ挙式旅行体験記」の文字をオーバーレイさせていたのだが、その必要がなくなったので、消去。

Windows Live Writerで、Wordpressの記事も編集・投稿できるというので、試してみた。

テスト投稿が、すぐにページから自動削除されたのはいいのだけれど、、、フィードの記録には残ってしまい、消えない。

考えてみると、ランキングサイトやFeed Burnerなどにフィードをキャッシュされてしまうと、自分では消したくても消せないことに気づいた。

タイトルを間違えたりしたら、たいへんだ。

僕みたいに、いったん公開した後で、何度も書き直したがる人間にとっては、これはきつい。

・・・と、ここまで書いて、さっきブログを更新したら、削除された記事はフィードから消えていることに気づいた。なんだ。更新すれば消えるのか。

一安心。



テーマ : Wordpress
ジャンル : コンピュータ

Wordpress おすすめプラグイン

いまのところ、お気に入りのWordpressプラグインは、以下の通り。


All in One SEO Pack: 設定どおりにしたがえば、SEOの最低限の基本は外さなくて済むと思います。

CodeStyling Localization: Atahualpaというテーマを日本語化するのに必要でした。

Contact Form 7: メールアドレスを公開せずに「管理人にメール」のページを作成できます。

Easy AdSenser: 全てのページや投稿記事の好きな場所に、一度にアドセンスを表示できるので便利です。

FeedBurner FeedSmith: フィードボタンをクリックしたときに意味不明なXMLページが表示されることがなくなります。

Google XML Sitemaps: Google対策の必須アイテムの1つだと思います。

MaxBlogPress Ping Optimizer: ping 送信が頻繁すぎると、ブラックリストに載って二度とpingを受け付けてもらえなくなると脅かされたので、インストールしましたが、とても便利。記事を修正するたびに無用なping送信をしなくて済むだけでなく、送信・非送信のログを見れば、無効なping送信先も判明します。

My Link Order: Wordpressのデフォルトだと、なぜかリンクがアルファベット順にしかならないのです。このようなプラグインが必要になってしまうWordpress自体に、もう少し頑張ってほしいです。

Nofollow Links: 検索エンジンからアフィリエイト・リンクを隠したい場合に役立ちます。

PS Auto Sitemap: Google用とは別に、訪問者が見るためのサイトマップ自動作成プラグイン。ブログ記事を投稿と同時にサイトマップが自動的に更新されます。

WordPress Database Backup: データベースをバックアップするためのプラグイン。保存されるのは記事やサイドバーの内容だけで、テーマの設定自体はバックアップされません。

WP-Optimize: データベースの最適化によってディスクスペースが節約できたり動作が速くなったりするだけでなく、「admin」というデフォルトのユーザー名を自由に変更できる機能もあり、便利です。

WP-Print: テンプレートによっては、サイドバーなどが邪魔になり、ブログ記事だけをうまく印刷できないものも多いですが、このプラグインがあればだいじょうぶです。僕自身は、ブログ記事をPDFファイルで保存したい場合があるかな、と思って、インストールしてみました。

WordPress Related Posts: 各投稿記事の末尾に、タグに基づいて自動的にブログ内の関連リンクを表示してくれます。

WP Multibyte Patch: Wordpress自体の日本語化では足りない部分を補ってくれるのだろう、と思って、特に何も考えずに使っています。

WP Super Cache: ページの表示速度が速くなります。



<その他>

Front-end Editor: あまり必要がないので現在は利用停止にしているのですが、初めて使った時はその便利さにびっくりしました。管理者としてログインしている状態で、自分のページを表示すると、訪問者が見るように普通に表示した状態から、編集したい場所をダブルクリックするだけで記事が簡単に編集できてしまいます。


WP-PageNavi: 「次の記事へ」などの部分をカッコ良く表示できるプラグイン。いまのところ、それほどページが多くないので使っていませんが、内容が増えてきたら使ってみようと思います。

テーマ : Wordpressプラグイン
ジャンル : コンピュータ

Wordpress がインストールできなかった原因

 
まず最初に、Wordpressをインストールしようとしたときの失敗談。

Wordpressのインストーラーをサーバーにアップして、指示されたURlにアクセスし、画面の指示に従ってwp-config.phpの編集をしようとしました。

しかし、何度やっても、うまくいきません。

しばらく試行錯誤した後で、ようやくホスト名の設定を変更すればよいことに偶然気がつきました。

データベース・ホストの設定欄の隣に、「この値は、99%変更する必要はないでしょう」などと書いてありますが、これはまったく余計な一言。完全にありがた迷惑としか思えません。

define('DB_HOST', 'localhost');

↑僕が利用している「チカッパ」レンタルサーバーでは、localhostの部分をデータベース名に変更する必要があります。

もちろん、最初から以下のページを参照していれば、苦労しなくて済んだのですが・・・・。

http://wpdocs.sourceforge.jp/wp-config.php_の編集


たった一言の余計な説明のせいで、何度もインストールに失敗して、原因がわからないまま、ずいぶん時間がかかってしまいました。

テーマ : Wordpress
ジャンル : コンピュータ

Ad

ランキング

にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ 
サイト内の検索
カテゴリ
プロフィール

 ミック 

Author: ミック 
 
ブログ作成ツールWordpress (Version 2.6 ~ 2.9 日本語版) を使用した感想、困ったことや、新しい発見など、気づいたことを覚え書きとして書き留めています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSS
公式ブロガー認定証

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。